おススメネタ

これはオススメ!簡単にできる製本のやり方

投稿日:2017年12月7日 更新日:

最近はパソコンで作った文書や画像を自宅のプリンターで簡単にプリントできるので便利になったと感じます。
しかしそれを本の形に仕立てようとするとちょっと困ることも多くなってくるものです。
自分でちょっととっておきたいというだけなのでプロの製本業者に頼むほどではないけれど、書類の束というだけではなく本棚に入れておいてもいいような形にはしておきたいですから最低限の製本はしておきたいというときに自分でできる製本のやり方を知っておくと便利なのです。

手作り写真集ができると知って挑戦!

後で見返したい写真やお気に入りの写真、誰かに送りたいものなど撮影した写真をプリントすることがありますが、それをアルバムに貼り付けるのが面倒だと思ってしまう事も多いものです。
アルバムの形にしてしまうと厚みも出てしまいますからとっておくのも大変になってしまいます。
プリントしたそのままで本の形にできたら素敵です。
そんな中自分で製本して手作り写真集を作れるという事を知りチャレンジしてみました。
それほど厚みがないものなら家庭にある道具を利用してできます。
購入するものは背表紙に貼る製本テープというものです。
いろいろな太さや色がありますから自分の作りたいイメージに合わせて選んで購入しましょう。
印刷した紙を順番にまとめてホチキスで止めます。
大きさが大きい場合は止める数を多くしたほうが安定します。
そのホチキスの部分を隠すように製本テープを貼り、これで出来上がりです。
テープを貼ることで仕上がりも綺麗になりますしホチキスの針の部分がカバーされて安全です。
こんなに手軽にできるとは思ってもみませんでした。

表紙も付ければ意外と本格的です

自分で撮った写真を手作り写真集にしたり、資料を製本して見やすくしたりといった形であれば単純に髪をまとめて製本するだけでいいですが、ちょっと高級感を出したい場合や長期間保存したいという場合にはもう一工夫をしておきたいものです。
そのようなときにお勧めの方法が表紙を付けることです。
お気に入りの色や柄の入った厚めの紙を使ってもいいですし、厚紙を芯にしてお好みの紙や布を貼り付けてもいいでしょう。
本の厚みと表紙と裏表紙の大きさを考慮して準備し、中にホチキスで止めた本文部分を入れて貼り付けていけば本格的な本のような状態になります。薄い表紙なら本文とともにホチキス留めして製本テープを使ってもよいでしょう。
表紙が付くことで見た目もよくなりますし内部の紙を保護してくれる効果も期待できます。あとあとまで残したいものや特別な贈り物にしたい場合にはこうした形で表紙にもこだわって手作りしてみるとよいのではないでしょうか。

-おススメネタ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

水回りのトラブルに合わないための普段の心得

トイレやお風呂場・洗面所の水漏れなど、水回りのトラブルはなぜか忙しい時に限って急にやってくるような気がします。 いざというときに焦らないために、普段から行っておくメンテナンスや、軽い水漏れ修理ならでき …

no image

余裕を持って依頼するのが良い!フロントガラス交換in埼玉

アラスカなどを旅すると、フロントガラスが割れている車が多く目立ちます。 これは寒暖差の影響などが考えられますが、普通ならもっと大騒ぎすべきなのにアラスカの人は平気で車を走らせています。 一方、日本では …

no image

飲食店コンサルティングのポイントは何なのか

激烈な競争が繰り広げられている飲食店業界においては、他店との差別化をいかに図っていくかがサバイバルのためには非常に需要です。 そこで専門的な知識や深い経験を持った人からコンサルティング受けることが有用 …

no image

飲食店の看板を作る時に絶対に落とせないポイント

飲食店における看板は非常に重要な存在です。 そのお店を知らない方にとっては印象を決定づける要因にもなります。 その立地やターゲット層によっても看板やウェルカムボードのデザインを工夫する必要があります。 …

no image

ゴルフスクールはいっぱいあるけど一番のオススメは!

ゴルフは一人で始めることができるスポーツです。 自分の周りにゴルフをする人がいる場合は、その人に教えてもらうのも1つの方法ですが、 我流で学ぶよりもちゃんとしたプロに習うことが上達への近道です。 プロ …