おススメネタ

飲食店コンサルティングのポイントは何なのか

投稿日:

激烈な競争が繰り広げられている飲食店業界においては、他店との差別化をいかに図っていくかがサバイバルのためには非常に需要です。
そこで専門的な知識や深い経験を持った人からコンサルティング受けることが有用になってきます。
飲食店の経営者の視点とは違った角度からの提案には、見るべきポイントが必ずあるはずです。
孤独な経営者にとっては大変に心強い存在になってくれるコンサルティングですが、それだけに慎重に考えて契約をしなければなりません。

知人のコンサルに仕事のことを聞いてみました

知人が飲食店コンサルティングをやっています。
どんな仕事なのか興味があったので尋ねてみました。
そもそもコンサルティングですから、会社やお店の直面している問題や経営課題を解決して、業績を拡大することにつなげ、最終的には経営を成功に導くことが求められるのは言うまでもありません。
飲食店でもその基本どおりのことを行うのです。
詳細なコンサルティングの手法は違っているのですが、飲食店の現状を正確に把握した上でどこに問題があるかを表に出し、最も望ましい解決策を提案することになります。
もちろん、その提案は具体的な内容でなければ意味がありません。
そして、その結果を検証してさらに次の改善策を提案するというサイクルになっているのです。
飲食店の経営者にとっては、有益なコンサルティングをしてくれることで、目標達成への道がぐっと近くなるのは間違いありません。
また、現実に何らかの問題にぶつかってからコンサルティングを依頼するのも決して遅くはありません。

気にしているポイントとは

コンサルティングの立場にしても、会社ごとにそれぞれの仕事の進め方や考え方があるものです。

ポイントとしては、飲食店経営者がその考えに共鳴できるかどうかという一点にあると言っても過言ではありません。

ごく例外的に、経営者の考えはおかまいなしに、自身のセオリーに基づいて指導するコンサルティングもいることは事実です。
それで結果がうまく出てくれればいいのですが、たとえ成功したにしても、飲食店経営者の考えとは大きくずれたお店になってしまうのです。
もしくはノウハウや知識ばかりが多くて、具体性に欠けているところからアクションを起こせないという事例もあります。
言うまでもないことですが、お店を切り盛りしていくのは現場のスタッフたちですから、現場レベルまでいかに落とし込んだ形で提案するかが重要になってきます。
依頼する側としては、できる限り複数のコンサルティング候補に実際に会って納得してから、正式に契約するのが望ましいです。

-おススメネタ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

これはオススメ!簡単にできる製本のやり方

最近はパソコンで作った文書や画像を自宅のプリンターで簡単にプリントできるので便利になったと感じます。 しかしそれを本の形に仕立てようとするとちょっと困ることも多くなってくるものです。 自分でちょっとと …

no image

保育園に入りたい・・・待機児童にはならないために

子どもが生まれると仕事と子育ての両立で悩むことになり、この時に保育園に入れることを考える人は多いです。 ただ最近は生活ややりがいのために仕事を続けるお母さんが増えていて、預け先の保育園に空きがない、い …

no image

おススメの一粒ダイヤモンドのネックレスとは

女性なら誰もが憧れる、ダイヤモンド。 もし一粒ダイヤモンドのネックレスを探すとしたら、高価なものだけあってなかなか選ぶのが難しいもの。 ただ、ひたすら宝石店を巡るだけでは、いつまでたっても理想のネック …

no image

千葉のリフォーム業者の口コミを調査

家は長く住んでいると、修理が必要な場所がいくつも出てきます。 そういったときに修理やリフォームを頼みたいのだけど、千葉にはどんな業者があるのかわからなくて、どこに頼んだらいいのか悩むこともあると思いま …

no image

飲食店の看板を作る時に絶対に落とせないポイント

飲食店における看板は非常に重要な存在です。 そのお店を知らない方にとっては印象を決定づける要因にもなります。 その立地やターゲット層によっても看板やウェルカムボードのデザインを工夫する必要があります。 …