おススメネタ

飲食店コンサルティングのポイントは何なのか

投稿日:

激烈な競争が繰り広げられている飲食店業界においては、他店との差別化をいかに図っていくかがサバイバルのためには非常に需要です。
そこで専門的な知識や深い経験を持った人からコンサルティング受けることが有用になってきます。
飲食店の経営者の視点とは違った角度からの提案には、見るべきポイントが必ずあるはずです。
孤独な経営者にとっては大変に心強い存在になってくれるコンサルティングですが、それだけに慎重に考えて契約をしなければなりません。

知人のコンサルに仕事のことを聞いてみました

知人が飲食店コンサルティングをやっています。
どんな仕事なのか興味があったので尋ねてみました。
そもそもコンサルティングですから、会社やお店の直面している問題や経営課題を解決して、業績を拡大することにつなげ、最終的には経営を成功に導くことが求められるのは言うまでもありません。
飲食店でもその基本どおりのことを行うのです。
詳細なコンサルティングの手法は違っているのですが、飲食店の現状を正確に把握した上でどこに問題があるかを表に出し、最も望ましい解決策を提案することになります。
もちろん、その提案は具体的な内容でなければ意味がありません。
そして、その結果を検証してさらに次の改善策を提案するというサイクルになっているのです。
飲食店の経営者にとっては、有益なコンサルティングをしてくれることで、目標達成への道がぐっと近くなるのは間違いありません。
また、現実に何らかの問題にぶつかってからコンサルティングを依頼するのも決して遅くはありません。

気にしているポイントとは

コンサルティングの立場にしても、会社ごとにそれぞれの仕事の進め方や考え方があるものです。

ポイントとしては、飲食店経営者がその考えに共鳴できるかどうかという一点にあると言っても過言ではありません。

ごく例外的に、経営者の考えはおかまいなしに、自身のセオリーに基づいて指導するコンサルティングもいることは事実です。
それで結果がうまく出てくれればいいのですが、たとえ成功したにしても、飲食店経営者の考えとは大きくずれたお店になってしまうのです。
もしくはノウハウや知識ばかりが多くて、具体性に欠けているところからアクションを起こせないという事例もあります。
言うまでもないことですが、お店を切り盛りしていくのは現場のスタッフたちですから、現場レベルまでいかに落とし込んだ形で提案するかが重要になってきます。
依頼する側としては、できる限り複数のコンサルティング候補に実際に会って納得してから、正式に契約するのが望ましいです。

-おススメネタ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

外構をつくるときのポイント!

塀や門、アプローチに庭と家の外側にこだわる人が増えてきており、海外の素敵な街並みの中の一軒のような家が流行しています。 外構はこだわり人とこだわらない人の差が大きく、その人の価値観によるものなのですが …

no image

余裕を持って依頼するのが良い!フロントガラス交換in埼玉

アラスカなどを旅すると、フロントガラスが割れている車が多く目立ちます。 これは寒暖差の影響などが考えられますが、普通ならもっと大騒ぎすべきなのにアラスカの人は平気で車を走らせています。 一方、日本では …

no image

お手頃な腕時計を探している人にはDieselがオススメ!

時間を確認するための社会人マストアイテムな腕時計は、ファッションアイテムとしても存在感があります。 腕からちらりと姿を見せるだけで、その人のセンスが相手に伝わってしまうこともあるでしょう。 しかし、値 …

no image

ゴルフスクールはいっぱいあるけど一番のオススメは!

ゴルフは一人で始めることができるスポーツです。 自分の周りにゴルフをする人がいる場合は、その人に教えてもらうのも1つの方法ですが、 我流で学ぶよりもちゃんとしたプロに習うことが上達への近道です。 プロ …

no image

住宅ローンを滞納した人にオススメの解決法!

住宅ローンを滞納してしまうと、残債を一括で支払うように催促されます。 分割支払いの権利を失うためですが、当然ながらそれは不可能と言えます。 そこで残債は保証会社が代位弁済し、その保証会社への支払いがで …