おススメネタ

飲食店の看板を作る時に絶対に落とせないポイント

投稿日:2017年6月7日 更新日:

飲食店における看板は非常に重要な存在です。
そのお店を知らない方にとっては印象を決定づける要因にもなります。
その立地やターゲット層によっても看板やウェルカムボードのデザインを工夫する必要があります。
歩いている方を注目させることに力点を置くのか、お店の詳しい情報を知らせるために置くのか、明確な目的を決めてから設置することが大切です。
看板次第でお店の売り上げが大きく上下されることも珍しいことではありません。

看板の大きさは・・・〇〇がベスト!

看板の大きさはお店の規模にも依りますが、人が1秒くらいかけて見ることが出来るサイズがお勧めです。
例えば2m離れたところから見ると、人の目の動きでは1秒間で4m程度見ることができます。
目は横の動きには強いですが、縦の動きにはあまり強くありません。
縦に長い看板の場合は首を疲れさせてしまうという問題もあります。
そのため、看板の多くは横長の長方形となっています。
比較的人がよく通る場所であれば、縦1m、横3m程度の大きさがお勧めです。
もちろん、お店の建物次第では縦長の看板を設置することも考えられます。
看板製作を専門とする業者に依頼するという手段もあります。
高速道路沿いなど、遠くから見られることを前提としている場合は相当大きなサイズの物を用意する必要があります。
その際には至近距離で見られることは敢えて想定せず、強い印象を残せるデザインを選択することが大切です。
5mを超えるほどの看板を用意するケースもあります。

看板の色味、迷ったら〇〇!!

看板製作においては色も非常に重要です。
この色にすれば正解ということはありませんが、こちらも明確な意図を持って選択することが大切です。
とにかく目を惹きたいのであれば赤系統がお勧めです。
赤は人間が最も早く発見できる色とされており、赤が目に入るとすぐにそちらへ意識が向きます。
ただし、良い印象を持たれるかどうかは内容次第であり、せっかく赤で目を惹いても快く思われなければ不快に感じられてしまうリスクも発生します。
青色は目に入っても悪い印象を持たれにくい色であり、空の色にも溶け込みやすいのでお勧めです。
ただ背景に潜り込みやすいことには注意しておきましょう。
どうしても看板の色が思いつかないという場合は、緑色をお勧めします。
緑色は安らぎを与える色と言われており、目に入ることで心地よさが生まれます。
自然には溶け込みやすい色ですが、都会の建物群の中ではむしろ映えやすくなります。
あらゆるテーマに合わせやすい色でもあります。

-おススメネタ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ワンちゃんにおススメのサプリがあった

結婚しない人が増えたり、高齢化が進んだりして一人暮らしの家が増えてますし、また少子化の世の中でお子さんのいない家庭も少なくないでしょうから、その寂しさを埋めるために愛犬と暮らしてる人も多いですよね。 …

no image

住宅ローンを滞納した人にオススメの解決法!

住宅ローンを滞納してしまうと、残債を一括で支払うように催促されます。 分割支払いの権利を失うためですが、当然ながらそれは不可能と言えます。 そこで残債は保証会社が代位弁済し、その保証会社への支払いがで …

no image

保育園に入りたい・・・待機児童にはならないために

子どもが生まれると仕事と子育ての両立で悩むことになり、この時に保育園に入れることを考える人は多いです。 ただ最近は生活ややりがいのために仕事を続けるお母さんが増えていて、預け先の保育園に空きがない、い …

no image

壁面収納にして数か月、マジでおススメです!

部屋に物が溢れてしまい、片付けが追い付かないと感じている人が増えています。 家事や仕事で自宅に居ない時間が増えると、荷物を整理する時間が少なくなります。 日頃から整理整頓を心がけて居ても、物を綺麗に収 …

no image

サイクルジャージはオーダーするのがオススメ!

ここ数年、ロードバイクの人気が高まるにつれて、趣味でロードバイクを始める人も増えてきました。 そうした方にとって、気になるのがサイクルジャージです。 市販のものだと、どうしても周りの人とデザインが被っ …